2021年10月20日

【衝撃】現在の12歳未満の人口って…wwww

22038088-fdec9.jpg


1000:マジ卍速報





























1001:@マジ卍速報




posted by majimanjisokuhou at 10:10| Comment(2) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少子化の前は何人ぐらいいたの
Posted by at 2021年10月20日 13:31
少子化の時代なんだから女性は早く婚活してたくさん子ども産んだほうがいい。
いい大学(笑)行っていい就職(笑)してアラサーになってからやっと婚活して結婚しても1人2人しか産まない。最悪未婚子無しのままで一生働き続けるより若いうちに結婚して3、4人産んで育てた後成長した子どもに面倒みてもらうほうがいい。自由恋愛主義、男女平等の風潮に流されて四年間大学に行き、よくあるように同じ大学生の男と付き合って卒業したら別れ、さらに就職して「仕事が忙しいから~」と20代前半を仕事に費やして20代後半になってからようやく婚活するのが本当にいい人生設計なのでしょうか。女性は23才ぐらいから少しずつ肌のハリが老化しておばさんよりの見た目になり、25才を越えるとクリスマスケーキに例えられるようにそれまでのようにモテなくなります。30才以上の出産はリスクがある高齢出産と言われます。35才からの妊娠には不妊治療が必要です。そうすると女性の全盛期は17~22才の6年だけなので、その短い間に結婚相手を決めたほうがいいということになります
一方男が付き合っている彼女と結婚したいと思うのは20代後半になってぐらいで、30代になってでも遅くはありません。男と女の結婚適齢期は10年も違うということになります。24才以下の男と付き合っても「ま だ結婚は先のこと」とキープされるだけで時間の無駄です。とくに妊娠した場合中絶するしかない男子学生とは絶対に付き合ってはいけません。
なので、昔は娘が年頃になると親や親戚に最低限結婚する意思と能力がある社会人を紹介してもらって付 き合うお見合い方式が主流で合理的だったのです。もし大学に入ったとしても入学した時点で能力は十分証明されたわけだから、バイトやサークル、勉強、就活よりも婚活を優先するべきだ。
Posted by あ at 2021年10月20日 14:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください