2019年07月11日

【画像】全国の教師たち、これを見て!

group_kyoushi.png
























































posted by majimanjisokuhou at 20:20| Comment(1) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
教師が個人の理想の押し付けで校則を厳しくしていると本気で思っているのだろうか?

日本という国に住んでいる以上、教師達が禁止する禁止しないという問題ではない。
この国には文化があるが、それはkimonoやninjaなど世界的に知られているものだけではなく、奇抜な風貌を嫌う文化もある。
例えば、世界的に見れば刺青はなんら普通のものだが、日本では煙たがられ、プールにさえ入れない。
髪の奇抜さ、ピアスも同じことが言える。社会的な評価としては、高校生で髪が明るいのは好ましくない、のだ。
この国では髪を染めていれば不良という文化が未だ残っている。だからこそ面接の時はみんな髪を黒くして「自分はいい子である」とアピールする。
それは教師も重々承知しており、そんな社会の非難の目から子供達を守るのが職務だと思っているからこそ、指導せざるをえない。

でも文化というものは時代と共に変化していく。
今の社会に不満を持っている子供達が大人になり、社会の目の一員となった時、少しずつ変わっていくはずである。
教師が教えるべきことは、そんな未来を担う子供達を現在の社会から守りつつ、強制ではなく理解を求め、自己の力で判断する能力を身につけられるようにすることだと思う。
Posted by at 2019年07月12日 09:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください