2019年01月10日

岩瀬「佐藤ォー!ガキが…舐めてると使い潰すぞァーー!!」ヒ、ヒェーーーッ!!!!!

PP_sukoabo-do_TP_V4.jpg
1: @マジ卍速報

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00010002-cbc-base

引退セレモニーの選手の列に佐藤もいた。

「消えたかったです」

全てが終わり、佐藤はロッカールームで岩瀬に謝罪した。「本当にすみませんでした」。声を絞り出すのが精一杯だった。レジェンドは言った。

「いくら謝っても俺は許さない。許されるものではない」










2: @マジ卍速報

10月13日。ナゴヤドームの中日・阪神25回戦。岩瀬仁紀と荒木雅博の引退試合だった。
2対1の中日1点リードで9回表に突入し、4番手で佐藤が登板。「その日は9回で行くと言われていました。2アウト後、岩瀬さんに代わると」。
最後は背番号13が試合を締める。それが最も美しいシナリオだった。しかし、惨劇は起きた。

1アウトから陽川尚将に四球。「僕を象徴するシーンでした。大事なところでコントロールを乱してしまう・・・」。
大山悠輔にレフト前ヒット。1、3塁とピンチが拡大した。
佐藤の使命はセーブの付く状況で岩瀬にバトンを渡すこと。つまり、3塁ランナーの生還は阻止しなければならない。


4: @マジ卍速報

バッテリーを組む松井雅人が内野陣にブロックサインを送った。
「ピッチャーカットでした。1塁ランナーが盗塁した場合、キャッチャーの2塁送球をピッチャーが捕ってダブルスチールを阻止するプレーです」
1球目。いきなり大山がスタート。松井雅は2塁へ低いボールを投げる。しかし、誰も捕らない。
「とっさにいつもの癖が出て、しゃがんでしまいました。ボールが目の前を通過するのがスローモーションでした」

白球はセンター前を転々。3塁ランナーがホームイン。ナゴヤドームは異様な空気に包まれた。
佐藤は中谷将大から三振を奪い、降板。ここで岩瀬がマウンドに上がり、福留孝介を三振。ゲームセットのはずが、試合は続いた


3: @マジ卍速報

岩瀬クッソすぎやろ


5: @マジ卍速報

ガキが…


6: @マジ卍速報

田島なら逆転までいってた


7: @マジ卍速報

ヒエッ…


8: @マジ卍速報

岩瀬は補償の件でハムに許してもらったくせに


9: @マジ卍速報

ヒットだ?貴様この野郎


10: @マジ卍速報

岩瀬が許さん言うたのは自分どうこうじゃなくサインプレーをミスった事やろな


18: @マジ卍速報

>>10
記事見たけどこれやな
イッチは朝倉やしね柳以下のクッソ野郎や


20: @マジ卍速報

>>18
記事は記者の憶測でしかないぞ
ソースなし


24: @マジ卍速報

>>20

「いくら謝っても俺は許さない。許されるものではない」

痛烈な言葉が脳天を貫き、胸をえぐった。打たれるならまだしも、サインミスでの失点。さすがの大ベテランも手厳しかった。気を失うほどのショックを受けた佐藤。そこへ左腕は続けた。

「来年、活躍する姿を見せてくれ。成績で俺を見返してくれ」

貼り忘れてるぞ


11: @マジ卍速報

岩瀬の性格悪すぎやろ・・・


12: @マジ卍速報

岩瀬って人的補償の件がなかったら引退してないよな


13: @マジ卍速報

荒木の最終打席もなあ


14: @マジ卍速報

人的拒否クッソ野郎が


15: @マジ卍速報

「いくら謝っても俺は許さない。許されるものではない」

痛烈な言葉が脳天を貫き、胸をえぐった。打たれるならまだしも、サインミスでの失点。さすがの大ベテランも手厳しかった。気を失うほどのショックを受けた佐藤。そこへ左腕は続けた。

「来年、活躍する姿を見せてくれ。成績で俺を見返してくれ」


22: @マジ卍速報

>>15
有能


16: @マジ卍速報

根尾もこうなるんだな
やはり中日っていうのは糞だわ


17: @マジ卍速報

マウンドあがると頭まっしろなるヤツおおすぎ
立浪ぶん殴るくらいしてメンタルきたえろ


19: @マジ卍速報

ガキが…舐めてると使い潰すぞ…


21: @マジ卍速報

実際は冗談めいて言ってるだけ定期


23: @マジ卍速報

対する勝ち星を消した牧田が謝りにきたときの西口文也さん

「落ち込んでいる暇はない。落ち込んでいても、時間は進んでいく。次、次と行かないと」






引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546971114/




posted by manji at 01:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください